【深まった絆】バスケを通して繋がった仲間 たくさんの笑顔|沖縄市|たくし学園|総合型地域スポーツクラブ


2月から約2ヶ月間、毎週月曜日に小学生5・6年生を対象に行ったM+リーグ(モンスタープラスリーグ)。

M(モンスター)はミニバスケットのルールで行い、M+(モンスタープラス)は一般のリング、ルールで行っている。

たくし学園主催のバスケットボールリーグ(35リーグ、Mリーグ、M+リーグ)はすべて個人参加型で開会式の際にチームが発表され、その仲間でその1シーズンを戦っていきます。
開会式ではぎこちない会話、表情であっても、試合をこなしていくにつれ会話も増え、笑顔も弾けるようになる。そして最後の閉会式ではコートでは見られない姿が多々見られ、2ヶ月という長いようで短い期間で友情?絆?が深まる。バスケ(スポーツ)の魅力は本当にもの凄いと再確認しました。
また、保護者からも「参加して本当に良かった」という声をたくさん頂き、実行委員一同嬉しく思っています。

しかし、僕らとしてはまだまだ子ともたちの笑顔や活躍する姿を見たいと、次のステージに向けて色々イメージを膨らませていますので、これからもたくし学園のチェックをよろしくお願いします。

次回は5月を予定しています。

 


【M+リーグのギャラリー[2016/0208~0328]】
(モンスタープラスリーグ)

538A5334

538A5359

似顔絵作成のぴーちゃがま工房

538A5279

538A5150

 

 

 

【閉会式風景】

41335 41336 41338 41339

41342

p_会縄軌道

 

 

 

【Mリーグ(モンスター)のギャラリー】

31718

a_ドット・ワン

31719

 

 

 

【35リーグ(さんごリーグ)のギャラリー】

20160127A

0538A0288

美ら豆珈琲

538A9714

538A9472

 

 

 総合型地域スポーツクラブ
たくし学園  代表 澤岻安史

 

コメント